ビットカジノでアカウントロックされる原因は?解消するための方法も解説

ビットカジノ

ビットカジノで突然ログインできなくなったという事例が報告されています。
ログインできないのは、アカウントロックと呼ばれる凍結状態に陥っている可能性が高いのです。
この状態を放置していると、ビットカジノを利用するのはかなり難しくなってしまいます。

この記事では、ビットカジノでアカウントロックされる原因を説明します。
また、アカウントロックを解消するための方法も紹介します。

ビットカジノでアカウントロックとされる原因

ビットカジノは問題を起こしているユーザーにアカウントロックを実施します。
アカウントロックはログインできないように凍結している状態で、事実上ログイン不可能となります。
同時にアカウントに触れなくなり、出金等のサービスが利用不可能になります。

ビットカジノがアカウントロックを実施する背景には以下の問題が関連しています。

  • 不正行為が確認される
  • 12ヶ月間ログインしていない
  • ライセンスを発行している国から要請された
  • 入金に問題が確認された

こうした状況が確認された場合、その時点でビットカジノはアカウントロックに踏み切ります。
多くの場合、12ヶ月間ログインしていないと確認された場合、または不正行為による問題が確認されている場合に発生します。
ログインは定期的に行うべきですが、それ以外にも不正行為を絶対しないように心がけましょう。

ここからは、ビットカジノでアカウントロックされる原因について詳しく説明します。

不正行為が確認される

ビットカジノで不正行為が確認されているため、その時点でアカウントロックしなければ危険な状態と判断された場合、凍結手続きに踏み切られます。
具体的には、以下の不正行為が確認されればアカウントロックの対象となります。

  • ゲーム結果を不正に動かしている
  • マネーロンダリングを行った
  • プレイヤーの情報が間違っていた
  • 多重アカウントの作成

これらの問題が確認されると、その時点でアカウントロックとなります。
マネーロンダリングは他人のアカウントを利用するなどして、ビットカジノから自分の口座に出金していると判断されれば対象となります。
また、プレイヤーの情報が誤っている場合、本人確認を再度行うなどして対応しますが、それでもおかしい場合はアカウントロックとなります。

他にも多重アカウントを作成する、何らかのツールを利用してゲーム結果を変更させているなどの問題があればアカウントは凍結されます。
不正行為は絶対しないように気をつけましょう。

12ヶ月間ログインしていない

12ヶ月間ログインしていないアカウントは、利用されないものと判断されてアカウントロックされます。
ビットカジノでは、12ヶ月以内に1回のログインをしていれば、アカウントロックの対象から外されます。
しかし、1年以上放置していると判断されれば、これ以上アカウントを利用しないものと判断され、凍結扱いとなってしまうのです。

凍結されたアカウントを戻すためには、ログインできる状態を作らなければなりません。
しかし、ビットカジノ側がログインできる状況を作ってくれないため、凍結された状態は解消されないのです。
12ヶ月以内に必ず1回はログインし、少しでも長く利用できる状態を作ったほうがいいでしょう。

ライセンスを発行している国から要請された

ライセンスを発行している国側から、このアカウントは凍結するように求められた場合、ビットカジノはその指示に従って凍結させます。
この問題はあまり起こらないのですが、悪質なユーザーだと監視機関から連絡を受けた場合、凍結しなければなりません。
その結果、アカウントロックの対象となり、いつの間にかログインできない事例が発生します。

あまりない事例ではあるものの、アカウントロックの対象となる場合があるため気をつけておきましょう。

入金に問題が確認された

入金を多重に行っていると判断された場合、または入金を他人のアカウントで行っていたなどの問題が発生した場合、アカウントロックされます。
入金は1回で済ませる必要があり、多重に入金させるような方法は認められません。
また、他人のアカウント経由で入金させる行為も禁止されています。

入金の問題もあまり起こらないものですが、問題とされる行為は起こさないようにしましょう。

アカウントロックされるとどうなるのか

アカウントロックされた場合、ビットカジノは管理手数料を差し引くように要求します。
管理手数料は残されている金額の15%を差し引くというものです。
15%はかなりの金額となりますので、資金を残しておくと15%の差し引きによって次々と資金を失ってしまいます。

数ドル程度の残高であれば、そのまま放置してもあまり気にはならないでしょう。
しかし、かなりの金額が残されていたのにアカウントロックされると、出金させられた金額を没収されている状態になります。
アカウントロックによる手数料は回収できないため、アカウントを復帰させたとしてもお金を回収できない状態が発生するのです。

アカウントロックは単純に資金を失うだけの可能性もありますので、非常に危険な状態となります。
凍結されるような状況を作らないためにも、アカウントによる問題は絶対起こさないようにしましょう。

凍結されたアカウントを取り戻す方法

アカウントロックされると、基本的にログイン不可能な状態で放置されてしまいます。
このアカウントを再度利用したいと考えているなら、サポートへ連絡してください。
ビットカジノのサポートへ連絡することで、凍結されたアカウントを取り返せる可能性もあります。

ビットカジノのサポートへ連絡する際は、以下の情報を提供してください。

  • 凍結されたアカウントID
  • ユーザー名

こうした情報がわからないと、ビットカジノ側も対処できないため凍結手続きの解除はできません。
また、アカウント情報がすでに残されていない可能性もあるため、場合によっては解消できない可能性もあるものと判断して連絡してください。

ビットカジノ側が問題なしと判断した場合、凍結されたアカウントは元通りになります。
個人でアカウントを凍結した場合も同様ですが、サポートに連絡すれば大半の場合は戻してもらえます。
ただ、悪質行為でアカウントロックされた場合に限り、ビットカジノ側が駄目だと判断した場合は凍結されたままの状態となります。

アカウントロックが解消されない場合、相当悪質な行為が確認されているものと判断していいでしょう。
この場合はある程度の期間を置いて、ビットカジノ側が凍結を解除していいと判断させる時間をもたせる必要があります。
そのままの状態でアカウント凍結を解消しようとしても、問題点が多すぎると判断されて何もできない状態となるのです。

なお、アカウントロックを解消したとしても、手数料は戻ってきません。
また、問題とされている利益分についてはすでに削除されているため、利益がかなり減っている可能性もあります。

まとめ

ビットカジノはアカウントロックの可能性があるオンラインカジノです。
どうしてもアカウントロックを避けたいのであれば、不正行為に該当するゲームプレイは避けましょう。
また、マネーロンダリングなどの対応もしっかり行ってください。

どうしても凍結された場合は、アカウントロックを速やかに解消するためにサポートへ連絡しておきましょう。
それでも解消されない場合、アカウントが削除されている可能性もあるため気をつけてください。

error:
タイトルとURLをコピーしました