ビットカジノは複数アカウント可能?実際の状況や問題点を解説

ビットカジノ

オンラインカジノは複数アカウントの所有が禁止されています。
ルールを違反しているユーザーはアカウント削除等の処分を受ける形になります。
ビットカジノでは複数アカウントの所持に成功している人がいるという情報もあり、本当のところはどのような状況なのか確認する必要があります。

この記事では、ビットカジノで複数アカウントを保有できるのか説明します。
また、複数アカウントの問題点や対策を解説します。

ビットカジノで複数アカウントは保有可能?

一部の情報でビットカジノは複数アカウントを認めているという話もありますが、実際には複数アカウントの保有は禁止されています。
複数アカウントを保有させると、ビットカジノ側は大きな損失を受ける可能性があるためです。
対策として、ビットカジノ側もしっかりアカウントの確認等を行っています。

ビットカジノで複数アカウントが保有できるという情報は、本人確認を行っていないために気付かれないという噂があるためです。
ビットカジノは仮想通貨による入出金であれば、基本的に本人確認をしないまま出金させる方針をとっています。
この影響もあり、ビットカジノで複数アカウントを保有しておき、仮想通貨で出金等をさせて楽しむという方法が使えるのではないかと思われています。

しかし、ビットカジノは複数アカウントへの対策をしっかり済ませていることから、複数アカウントは保有できません。
仮に保有したとしても、何らかの方法により複数アカウントの確認が行われ、最終的には発覚して処分されてしまいます。
どのような理由があっても、複数アカウントを保有するという方法は取らないほうがいいでしょう。

ビットカジノが複数アカウントを認めていない大きな原因

ビットカジノが複数アカウントを認めない背景には、以下の原因が存在します。

  • ボーナス等を大量に獲得して損失を発生させるため
  • 複数アカウントによる不正ベットが可能となるため

ボーナスは損失に換算しないように思われますが、ボーナスを利用して利益を出した場合、そのボーナスを出金されれば損失を計上してしまいます。
出金条件等を付けているオンラインカジノでも、ボーナスを出金させられる条件さえ整えてしまえば、利益を確定させる方法があります。
また、ボーナスの条件があまり厳しくないビットカジノでは、出金が比較的容易にできるという背景もあり、結果的にボーナスによる損失は多くなってしまいます。

一方でもう1つの理由である複数アカウントを使うベットは、直接的な損失に繋がります。
複数アカウントを使い、片方でAにベット、もう片方でBにベットするなどの方法を採用すれば、どちらかの方法で利益を出せるようになります。
特に2択のゲームであるバカラ等で、複数アカウントを利用すると簡単に利益を計上できるため、オンラインカジノ全体として禁止する方向が取られています。

この2つの問題により、ビットカジノ以外のオンラインカジノでも複数アカウントは保有できません。
保有して利益を簡単に作ろうという判断は絶対に取らないでください。

ビットカジノで複数アカウントを持った場合の処分

ビットカジノで複数アカウントを作成した場合、処分対象となります。
処分される場合、以下の手順によって処分を行います。

  1. 警告等によるアカウント削除要請
  2. アカウント凍結による入出金等の規制
  3. 全アカウントの消去及び追加処分

基本的に複数アカウントを保有していたとしても、すぐに処分されるわけではありません。
ユーザー側に対して、警告等を行ってアカウントを減らすように求めてきます。
この段階でアカウントを消去した場合、この時点で余計な処分は受けなくなります。

しかし、放置していた場合はアカウント凍結という処分に踏み切ります。
現在保有している資金等も出金不可能になり、ログインもできません。
このまま放置され、最終的にはアカウントを消去、資金も含めて回収できない状況に追い込みます。

また、追加処分を受けることになります。
処分内容は以下の通りです。

  • ビットカジノへの再登録禁止
  • スポーツベットアイオーの利用禁止

ビットカジノへの再登録は認められず、実施しようとしてもアカウント登録ができないような対策が施されます。
また、姉妹サイトとなっているスポーツベットアイオーについて、登録していた場合はアカウント凍結、それ以外の場合は利用できないように調整されます。
アカウント凍結等の処分が更に広がる可能性もあるため、基本的に複数アカウントによる処分は受けないほうがいいでしょう。

複数アカウントを保有しやすい事例

複数アカウントは意図しない形で保有する可能性があります。
具体的には以下のパターンが該当します。

  • アカウントを保有していたことを忘れて再登録
  • 家族がアカウントを保有していた
  • 他のユーザーがアカウントを保有していた

一番多いのは、アカウントを持っていたものの保有していたことを忘れ、再登録をするというパターンです。
この方法により、意図しない形で複数アカウントを保有してしまい、処分されるユーザーが多くなっています。
以前ビットカジノを利用していたユーザーは、ビットカジノを利用していた履歴等をしっかり確認し、本当に登録してもいいのか判断してください。

また、同じIPを利用していた場合に限り、登録IPが同一であることを理由に複数アカウントとして認められる場合があります。
特にWi-Fiを利用していた場合、家族がビットカジノを利用していた時のIPと同一であったと判断され、登録後に複数アカウントとして処理される場合があります。
他にも一緒に生活している人がアカウントを保有していた場合も同様の問題が発生します。

どちらにしても、他の人が保有しているパターンも踏まえて、ビットカジノへ登録するかしっかり確認しておきましょう。

複数アカウントを保有した際の対策

間違えて複数アカウントを作成した場合は、すぐにビットカジノのサポートへ連絡してください。
連絡することにより、間違えて複数アカウントを作ったことを認め、すぐに削除してもらうことが可能です。
自分から連絡した場合に限り、ビットカジノは複数アカウントへの処分をせず、新しく登録したもの、もしくは過去に登録していたアカウントを削除してくれます。

サポートへ連絡する以外の方法で、複数アカウントへの対策は行なえません。
ビットカジノは常に監視を行っており、この監視によりユーザーが複数アカウントを保有している事実を確認しています。
ユーザーが保有しているアカウント情報がわかってしまえば、後は早々に処分するだけという簡単な状況が発生するのです。

後から気づいた場合も含めて、念の為サポートに連絡して対応してもらいましょう。
すぐに対応してもらえば、アカウントを凍結されるなどの処分は行われません。
早めにお願いすることを前提に行動したほうが、将来的には大きなプラスとなります。

まとめ

複数アカウントはビットカジノであっても保有できません。
どのようなオンラインカジノを利用した場合でも、複数アカウントは保有できないものと判断してください。
また、複数アカウントを保有したことによる処分は当然受ける必要があります。

処分内容には厳しいものも含まれています。
本来であれば出金できるお金も出せなくなるため、処分を受けないように早々に連絡するなどの対応を取ってください。
隠していればバレないというのは絶対ないのです。

error:
タイトルとURLをコピーしました